うつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が患う可能性があります)になると耳鳴りを発症させる可能性が高いといわれています。 その理由は大きく三つあります。 ・薬の副作用 ・首筋の硬直 ・自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)の異常 うつ病になったならねいろいろな薬が処方されますが、その中には副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)として耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)を引き起こすものもあります。 この場合、薬の内服を中止すれば耳鳴りは治りますが、自己判断で止めるのは止めてください。 必ず担当医に耳鳴りがすることを伝えて、医師の判断に従うようにして下さい。 自己判断でやめてしまうと、うつ病の症状が悪化してしまう可能性がありますから、非常に危険です。 また、うつ病になると首筋の筋肉が硬直する傾向があり、血行不良を起こします。 その血行不良が原因で、耳鳴りを引き起こしているという説もあります。 そして、うつ病になると自律神経が乱れてしまうことが多いはずです。 その自律神経の乱れが耳鳴りを引き起こしている可能性があるとも言われているのです。 以上のように、うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れてしまうことも多々あります)になってしまうと耳鳴り(実際には聞こえない音が聞こえるような気がすることをいいます)を発症させやすい体になってしまうでしょう。 耳鳴りを放置すると悪化する恐れがあるため、すぐに担当医に相談してくださいー